So-net無料ブログ作成
しょーがくせいのあたまのなか等の話題 時々きらら系
--関連リンク-----
公式サイト『183.5』
--発売予定-----
千本桜1巻 3/26
Miku-Pack 千本桜6話 3月中旬
しょーがくせいのあたまのなか 7月号から復帰?

十四本桜 [アンソロ・同人雑記]

MIKU-Packで出来ずに、ヤンガンならばできること。といえば「花街」の話。みくぱっく連載時はそれなりにお色気シーン出ておしまいにするか、そもそも描写せずに済ませるのかなあと思っていたのですが

Image1.jpg

ヤンガンではそんな心配する必要は無いですね、もっとえげつない描写の連載ありますし。まあ首の部分は見えてないから辛うじてセーフだと思います。

というわけで今回は海斗が花街に行って戻ってこないので、子供組が花街に潜入する話の序盤。14歳くらいの少女にしてはちょっとこの手の知識が不足している未來には、正直花街は荷が重いんじゃないかなあ・・・元の小説ではどうなっていたのかが気になるところです。

Image2.jpg

海斗本人もマッパにされてしまっているのですが、残念ながら相手は女(というか鳴子)です。

潜入しようと門くぐった所で恐らく中で働いているであろう男衆に足止めを食らって、錬が喧嘩をふっかけようとしたところで今回はおしまい。まだ前回までのサーカス団とのつながりは見えてこないのですが、どういう事になるやら。

#次回は1/6ぽいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。