So-net無料ブログ作成
検索選択
しょーがくせいのあたまのなか等の話題 時々きらら系
--関連リンク-----
公式サイト『183.5』
--発売予定-----
千本桜1巻 3/26
Miku-Pack 千本桜6話 3月中旬
しょーがくせいのあたまのなか 7月号から復帰?

SGS22 [しょーがくせいのあたまのなか]

学級崩壊回と思いきや


このクラス、結構簡単に学級崩壊しそうなのだが、ギリギリのところで良識派(いすず・委員長・とおか、など)が持ちこたえている気がする。あと、多分潔美先生じゃないとこのクラスダメだろう。

特筆すべき新情報としては、ふたばにみゆといちこ以外の「友達」が居たことだろうか。第一話では「友達は居ない」と公言していたふたばの姿からは想像できない。


・図工の時間

今回は様々なクラスメートが出て来る&発言するが、特に新キャラは居ない。先生がモデルをやっている理由はおいおい分かるとして、いすずさんの気苦労は絶えない。なお、人物像を描くのは、3~4年生だったと思うので、内容としても適切である。ただ、スケッチブックではなくて画用紙だった記憶があるのだが、基本ブルジョア学校なので、あまりその辺は気にしなくて良いだろう。

・人類皆兄弟なのに

10時15分ということは2時間目の授業か。まだこのクラスの2時間目の授業が分かる時間割は確か無かったはず。「クラスメイトは~幻想」と言っている子は、道徳の時間に塾の宿題をやっている女の子で、恐らくこういう授業は嫌いだろうw 恐らく4コマ目で手に持っているのも、塾の宿題だと思われる。

・子供の残虐

依香登場。身長はいすずが一番大きいのだが、このクラスで唯一胸にトーンを貼っているキャラというのは、今も健在である。先生が友達と毎日は会えないのは大人の事情がある、といういい話に持っていくのが通常なのだが。2コマ目右の男子は、道徳の時間も発言してる。

・大人の狡猾

タイトルから分かる通り、直前の話と対になっているのだが、全然いい話になっていないw ちなみに潔美先生のお母さんは道徳回で出てきていて、まだまだ元気で健在。しかしこいつらよく「化粧品」「投資」「保険」の話から察することができたなw

・始まった

言い合っている女の子二人のうち、みゆの左手前にいるのはさつきちゃんで、第一話から登場しているキャラだったりする。右奥にいるのはまだ不明だが、給食回からいるキャラで一宮くん痴漢回で発言があった。この二人、ここだけ唐突に仲が悪いわけではなく、これまで二人で行動したことはなく、接点は無い。クラスメート間の相関図は、かなり初期からあるのかもしれない。

・本日二回目

なんと、いすずとふたばは友達だったw この二人喋ってるシーン一切ないが、性格的に確かに馬が合う気はする。

みゆ達のグループのことが外から指摘されるのは、恐らくこれが初めて。いすずさんが結構クラス全体を見ていることがわかる。本来は副委員長はいすずさんがなるのが自然な気もするのだが、とおかちゃんに譲った可能性が高い。

みゆが3人組以外のクラスメートを言及するのも珍しい。そのため同じ女の子なのに「さん」付けになっていたりする。まあいすずさんとみゆが話している場面はこれまでに無い。一度でも話をしてるのならば、例えば依香のように「ちゃん」付けになっているのかもしれない。

なお、この段階で先生の言っているはじめの条件である「隣の」友達を描こう、というのは既に無いw まあ、基本このクラス男女が隣同士なので、あんまり書きたくないんだろうなあ。

・どうにでもなーれ

先生の提案はかなり良いものである。ここでクラスの誰かをモデルにすると、また面倒なことになるだろう。2~4コマ目のセリフは各キャラの特徴がにじみ出ているのだが、いい加減2・3コマ目の女の子には名前がほしい所。結構重要場面で喋ってるんだよなあ。

・チョコでまた体重増えたんです・・・

この「チョコ」というのは、当然ながら先月のバレンタインの話。小日向先生からいろいろ貰ったのだろう。しかし基本顔しか書かないのならば、別にお腹の部分がアレでも構わないのでは、とは行かないのが29歳乙女心なのだろう。

#そういえば作中は恐らく3月なのだが、もう30歳になってても(ZAP

・エロ的に

ここで、冒頭の話に戻ってくる。

これまでの言動でもそうだったのだが、ふたばはみゆを気持ち的に好きなだけではないというのが、今回の発言でもわかる。まあきらら連載中はその夢が叶うことはないと思うが、できるならばかなめもの時のように幕間でさくっとヤッてほしい。

・ドキドキした?

第一話でも話しているとおり、ふたばには「友達がいない」。これはふたばの友達付き合いが悪いわけではなく、ふたば自身友達というのがどういうものか分かっていないので「いない」と認識している可能性もある、ということだろうか。

・結局個人の尺度でしかない

恐らくふたばはみゆが自分のことを「友達」と見ているのか、それともそれ以上なのかを図ろうとしているのだろう。いちこに見事に邪魔されているが、それでもいちこのことを邪険にしない辺り、ふたばといちこは確かに「友達」なんだと思う。

・及第ライン

クラスの中では大人ぶっているこの二人(やえちゃん+もうひとり)が、先生の事をそこまで嫌っては居ないというのは、結構心がほっこりする場面である。このクラス、超小学生級の言動な奴らばかりと思いきや、絵画に関しては小学生と同じレベルらしいのが、絵を見てわかる。1コマ目左から二番目の絵は、胸がばーんと描いているから、恐らくはるとのやつだろうw

・一人勝ち

小日向先生は、いつかいろいろやらかしてくれることを期待。かなめもで言う所のユーキポジションなのだが、朝チュンが描写されている辺り、既に越えていると言っても過言ではない。



今回は珍しく7ページだったのだが、やはり千本桜との並行は難しいか。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0