So-net無料ブログ作成
しょーがくせいのあたまのなか等の話題 時々きらら系
--関連リンク-----
公式サイト『183.5』
--発売予定-----
千本桜1巻 3/26
Miku-Pack 千本桜6話 3月中旬
しょーがくせいのあたまのなか 7月号から復帰?

そんなシーンあったっけ [かなめも・小ネタ集]

Image1.jpg

実は風新新聞には夕刊がある。なので夕刊を配っているシーンがあってもよさそうなのだが、今までにそんなシーンが有った記憶が無い。

Image2.jpg

アニメ版では、かなの自転車練習を切り上げる理由として、午後2時頃にユメがが「夕刊の配達があるから」と言っていて、そのあとこのシーンがあるので、確実に夕刊は配っている。

Image3.jpg

しかし、原作ではこのシーン、一緒に夜まで自転車の練習をしているので、夕刊は配っていない。

他にも、夕食を作っているかなの周囲に専売所面々が全員いたり(1巻)夕食の買い出しに行くときに何故か全員居たり(3巻)と、明らかに夕刊を配っている様子はない。これは何故なのか。


まず、かな自身は夕刊は配達していない。まかない担当なのと、自転車に乗れないことから、配っていないのだろう。かな自身が携わる業務ではないので、描写されていないだけなのかもしれない。

あるいは、夕刊自体は存在するのだが、風新新聞が不人k(ZAPZAPZAP
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

まず1巻 [きらら系・雑記]

caratで楽しみにしている連載の一つに「ぷらいまりィずむ!」があります。イだけカタカナなのが微妙にめんどくさいこの4コマは、最近のcarat連載の中ではお気に入りの一つなのですが、ここの所ずっと超絶低空飛行で、つまり雑誌の一番最後付近をさまよっていて、ということは(ZAP と思っていたのですが。

Image1.jpg

今月のcaratの企画で、どうやら1巻がちゃんと出ることがわかって嬉しい限り。しかも「1巻」という表記ということは、2巻を期待しても良いのかもしれない。まあ、バレるのを防ぐために多分1巻完結でも「1巻」って表記するとは思うけど。

Caratではこれ、本誌では夏目ちゃん、MAXではかなめもが好きなのだが、多分いわゆるろりこんではないはず。うん。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

よろこんで [絵とか]

ゆめドレス2.jpg

ゆめドレスは全身像がみたかった。6巻の描きおろしカラーで・・・いや、ありえないな。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

配達シーン [かなめも・小ネタ集]

かなめもでは、かなが配達をするシーンが幾度と無く繰り返されている。しかし、かなが配達をはじめて以降、かなが危険な目に遭ったことはない。

今年のかなめも4月号では、石見さんの身を削るヤバイネタ満載の話があり、その中でひなたが結構「配達中の危険」について言及している。例えば

・集金先に黒スーツのおにいさんがいる
・ラブホで間違われて連れて行かれそうになる
・ナナハンバイクがついてまわる

などなど。まあ、真ん中のラブホに関してはさすがに特殊な趣味の人物でも無い限りは、かなが勘違いされることはないでしょうが、他の2つは十分に有りそう。

しかし、かなはこういった危険な目には一切遭っていない。その理由は今になったらよくわかる。かなが配達している=美華も同時に配達しているわけで、そりゃあ危険分子は久地院家の力で極力排除するよなあ・・・

そう考えると、例えば2巻で正月に美華が風新新聞の前で待っていたのも納得ができる。恐らく花日の(あるいは家の)ものの入れ知恵があったのだろう。

5巻でかなが人生アウトになりそうになる時も、あれ実は監視があったかと思うと非常にアレ。

タグ:配達 かな
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

確率何%? [かなめも・小ネタ集]

Image1.jpg

というわけで計算してみようと思う。

まずは、代理が「日曜日の人が不平等」と言っているのは

Image2.jpg

恐らくこのことを指す。日曜日休みの人は基本的に「日曜日だけ」休みなのに対して、平日休みの人は2日休みがある。はじめこれ、かなが中学生だから「日曜日固定」かと思っていたのだが、そういうわけではないらしい。ここも謎が一つ解けた感じがする。


まずは、かなが美華と出会ってからこれまでの期間は、仮に2年とする。ほんとはもうちょっとずれるが、大雑把な計算なのでこれで十分。

風新と花日がローテーションを変えるタイミングは同じだとする。ここまで確率を計算していると、恐らく天文学的なアレになってしまうから。このへんはおねえさんが活躍していることを前提としておく。3か月に一度のローテーション変更があるので、2年間では8回変更があるとする。

かなが日曜日に当たる確率は1/5で、これまでの期間で、一番初めとどこかでもう一回あったとしておく。(代理は「均等に」と言っているから)なので、かなは2回これまでに日曜日休日があったとする。

かなが休みの時に、美華も休める確率は「花日と風新が同じ」だと仮定する(そんなわけ絶対ないのだがw)と、

日曜日 → 1/5
それ以外 → 1/15

そうすると、単純に考えても

(1/5)~2*(1/15)~6 ≒ 0.0000035 %

実際には、これに順序等も絡むので、これよりも低くなる。単純に言って、ひなたや石見せんせー大好きな万馬券を当てるよりもはるかに難しい。

ひなたと代理は数字には結構敏感な方だとは思う。だからかながなんとなく言った「美華と配達日が常に同じ」ということに違和感を覚えたのだろう。もっとも、ひなたの方は数字には敏感だけれども、実際に賭け事をするときには感性に頼っていて、結果負けている気がするが。


これ、恐らくはるかもとっくの昔に気がついているであろうのに、なぜはるかは問題視していないのかというと、はるか自身もかなをストーカーしている時があって「同業者」に気がついているからなのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

混ぜると危険 [きらら系・雑記]

よくついったーのネタで「タイトルを混ぜて云々」というのが流れてくるので、きららでちょっと考えて検索をしてみるという暇つぶしをやっていた。

石見せんせーの漫画だとそういうつぎはぎには向かないので、次にMAXで好きな漫画といえば最近最終回を迎えた「ふわふわ科学」と、もうすぐさくらさんが卒業して最終回になるかもしれないとヒヤヒヤしている「ホイップノート」などが候補になる。R18!とかも、こういうつぎはぎには向かないしねえ。

科学やノートというのはかなり一般的な単語なので、きっと既存の漫画があるに違いないと思うので、それを削ってタイトルをくっつけると

「ふわふわホイップ」

これならどうだ。いかにもキャッキャウフフな漫画っぽいタイトルに仕上がったぞヽ[・_・]ノヤッタネ

と思ったら

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4877347038 (18禁注意)

よりによって成人向け本でそのまんまのタイトルがw 新連載のタイトル決める時って、既存のタイトルにならないように検索とかがんばってやるのだろうかとふと思ったりしましたとさ。

Image1.jpg

しかも、本持ってたよこれ・・・


タイトルつけるのって、大変なんだろうなあ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

恐らく候補の一つ [かなめも・小ネタ集]

今月の話では、さりげなく最終回候補の話が出てきている。

Image7.jpg

市井に社会勉強に来ているのならば、当然ながら勉強が終わったら元の世界に戻っていくのだろう。その時、かなとの繋がりは保たれるのか。普通に考えるとノーだとは思う。ただ、それだと今現在展開している、かなを試しているようなおねえさんの話というのがどういう意図なのかが見えてこない。

ユメは形式上「かけおち」という形でユーキと一緒に居る。美華は元の世界に戻るときに、かなと一緒でいられるのか。また、かなは美華と専売所(と身内?)のどれを選ぶのか。多分その辺が最終版のクライマックスのような気がしないでもない。

どれを選ぶかという答えは、まあ明白なのだが。
タグ:最終回予想
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

みずまき [絵とか]

代理水撒き.jpg

アニメ版4話後半ですな。あれ服が透けてたらきっとまた別の意味で評判だったんだろうなあ。
タグ:代理
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

情報経路 [かなめも・小ネタ集]

Image1.jpg

美華の父親のこの発言、どうもひっかかると思ったら、情報ルートがイマイチはっきりしていない。

美華と父親は年に2度ほどは食事をして話をする程度には会話できているのだが、美華自身は、ユメの苗字が「北岡」ということは全く知らない。なので、美華パパが、美華のはなしを聞いただけではユメに向かって「娘がお世話になって」とは言わないはずである。

この違和感に立ち向かうために、いくつか推測してみる。

美華は恐らくかなのことに関しては話にあげていて、かなが風新新聞で新聞配達をしていることなどは美華パパは知っていてもおかしくない。恐らく美華が風新に遊びに行ったことも知っているだろう。もしここで、北岡家も久地院家と同じように、娘が新聞配達をしていることが、ある程度有名ならば、美華パパが優芽のところに挨拶にいっても不思議ではない。

あるいは、先月今月と登場しているおねえさんから、風新の情報は大体聞かされているのかもしれない。まあ娘が遊びに行く配達所が危険な場所かどうかは、前もって調べていても全然不思議ではないし、あのおねえさんならその能力は十分にある。そして北岡優芽の名前(と写真)を知って、挨拶をしたのならば納得はできる。


無茶な妄想としては「そもそもこの男性は美華の父親ではない」というやつ。専売所の誰かが、久地院家と関わりがある可能性がある。もしそうならば、可能性があるのはただ一人で、かなになる。この場合、かな美華が従姉妹とか姉妹になって、それはそれで楽しい展開が待っているのだが。


多分一番はじめの予想が一番ありそうなのだけれども、それでもどうもすっきりとしないんだよなあ・・・うーむ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

人間 [かなめも・小ネタ集]

Image1.jpg

舌から滴っているお酒が非常に艶かしいはるか。ここの台詞がミスってるのは以前も指摘したのだが、この台詞自体に非常に違和感がある。それは『人間』の部分。

はるか(酒)は基本的に男性に関する言及はしない。なので「女の子」ではなく「男性」も含めて「人間」という表現をすること自体がおかしい。普通のはるかならば、別にそんな表現をしなくても「16歳以上の女の子のことを覚えているわけない」で良いのである。

わざわざ「人間」とはるかが言う理由は何なのか。

(1)ただの気まぐれ
(2)珍しく男性の事を考慮してみた
(3)「人間」じゃなければ覚えている、という比喩

どれ。
タグ:はるか
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。