So-net無料ブログ作成
しょーがくせいのあたまのなか等の話題 時々きらら系
--関連リンク-----
公式サイト『183.5』
--発売予定-----
千本桜1巻 3/26
Miku-Pack 千本桜6話 3月中旬
しょーがくせいのあたまのなか 7月号から復帰?

横に引き伸ばす [しゅばりえーる]

今日は部屋に立ち入ってのCATV工事があったため、まったりと別部屋にあるきらら雑誌を読み直していた。単行本化に伴い修正を加える連載は多く、私が今のところきらら本誌で1番楽しみにしているしゅばりえーるにもその修正はあった。

Image1.jpg

かなめも等だと全箇所指摘するのだが、今回はこの一つのコマだけ。ちなみに他にもかなりの場所を修正しているので、両方持っている人は是非全部確認してほしい。

第一話で1番の修正点は『セリーゼの全身(特に顔)が横に伸びていること』

・・・いや、それメインヒロインとしてどーなのさw 確かに今見ると顔が細いセリーゼは結構違和感があるのだが、これはこれで良い気もする。

他には第一話は台詞が大きく変更されていて

・セリーゼが嫁ぐ話を深くは知らないように修正されている
・地中海という言葉が出てこない

などなど。

雑誌を買い続けてきた人のご褒美のような気がします、この単行本差分。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

26時間 [きらら系・雑記]

今月のひだまりに、あまりひだまりっぽくないネタがあったので確認。

Image1.jpg

夜行バスというと某水曜なのだがそれはおいといて、18きっぷを使っての博多→東京はどうやら26時間かかるらしい。ほんとかどうか確認してみると

Image2.jpg

どうやら本当っぽいw 途中沼津で始発待ちを挟むらしい。

#忙しいだろうに、ちゃんと調べてるんだなあ・・・
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

8割以上継続中 [きらら系・雑記]

以前もネタにしたことはあったと思うのだが

Image2.jpg

この中で連載が終了しているのはけいおんとかなめものみ。個人的にはこの2作品には「難民」が発生しても仕方がないとは思う。特にけいおんのほうは、作者のきららでの連載ももう無いわけだし。

しかし他の作品はいずれも連載が継続中で、未だにメディア展開があるものもあったり、2期が確定していたりするものもある。そういう作品群に対して「難民」と使うのは、作品の何を見ているのだろうかと疑問に思うこともしばしば。

Image1.jpg

まあ、今日こういうのを目にしたのでイラッ☆としたわけで。ごちうさ関連の情報の取得を意図的に避けている理由だったりもします。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

推し [かなめも・小ネタ集]

https://twitter.com/matanee/status/603394870472941568

自分にこれほどの情熱があったのかをちょっと確認してみる。

・全話実況 → ×

私のついったー登録は2009年9月。かなめもは2009年7月4日にスタートしているから、前半の数話は実況していない。この頃には既にblogの方はスタートしている。

・キャプ全部集める → △

全部録画しているし、DVDも初回版を全部発売日当日に買い揃えている。キャプチャはしていない。

・原作買って → ◯

当然ながら雑誌のほうも単行本の方も石見せんせーの同人誌も集めている。

・カラオケでOP歌って → ◯

OP以外にもエンディングとラジオOPとキャラソン複数は歌っている。ただ案外OPは難しい。最難関は恐らくラジオのOP。

https://www.youtube.com/watch?v=u-AjATywV-8

聞いたことがないという方は是非これを。

・きららMAXの抽選プレゼントに当選 → ◯

一応2回当選している。


このblog自体かなめもメインなのだが、ついったーの方ではほぼかなめも関連はつぶやかないので、推しというにはちょっと弱いとは思った。そもそも石見せんせーの連載で1番推していたのはflower*flowerだったりする。


もっと積極的にかなめも関連をつぶやくべきか。
タグ:かなめも
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

気になるのはわかる。 [アンソロ・同人雑記]

Image1.jpg

しかしその情報はここにはないw

かなめも休載時はぽつぽつと石見せんせー自身が喋っていたことからある程度の推測はできていたのだが、今回はそれすらないので、ほんとに憶測の域を出ない。


まあ、私にとって重要なのは「何故休載するのか」ではなく「いつ元気になるのか」なので、多分それまでは待つ予定。かれこれ2年強新規の単行本を見ていないので、もうそろそろ単行本が読みたいのです。

#そういや夏コミ参加するのだろうか、確認してない。
タグ:休載
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

案外難しいと思う [きらら系・雑記]

https://twitter.com/CP16000/status/602778148237811713

恐らく「かなめもアニメは指摘する箇所が山のようにある」という趣旨の発言だろうが、あれまじめに全部言及するには単行本6冊+DVD特典の小冊子+石見せんせーのblogなどを全部把握してる必要があるぞ。よく「原作と違う」と言われている部分もちゃんと言及があったり、あるいは原作に逆輸入されていたりする。


まあ、そんなことはどうでもよく、この「きらら警察」だが、結構難しい気がする。なにせ

・1000冊以上の単行本
・10本以上のアニメ
・400冊以上の雑誌
・そしてそれに付随する関連事項

これらをすべて把握する必要がある。恐らく、きらら警察内に「きららMAX課」「連載終了課」「ゲスト課」などの様々な部門があり、その中の「アニメ化作品課」ならば、結構きらら警察が成り立つ気がしないでもない。恐らく人気の課だろうし。


私も、かなめもを読み続けて8年くらいになるが、それでもまだすべてを把握できているわけではないと思うし。


#個人的によくある「きらら警察」は、アニメ化作品の際に「みのりスクランブル!が入っていない」という指摘だと思う。
タグ:きらら警察
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

暗号か無意味か [リメインズ・JC]

昨日リメインズ・JCの話ばっかりだったので、そのまま継続してリメインズの話。
この漫画は、背景の文字情報から世界観がある程度分かることも多いのだが、逆に作中に出てくる「文字」を、意図的にわからないようにしている場面がわずかながらある。

Image1.jpg

1巻描きおろしの目次頁。桐島さんの日記=目次になっているのだが。左上の文字が化けている。「20」はちゃんと分かるのに他の文字は分からない。デタラメなものかと思いきや、同じ形のものが多数あり、どうやらある種の法則がある様子。個人的にはここに西暦が入って「20◯◯年」となる気がするのだが・・・

ほぼすべての背景の文字ははっきりと書いているにもかかわらず、ごく一部だけこのようになっているのには、何かしらの目的を感じる。あるいは、読者がそう感じるように作者が特に意味もなくやっているだけかもしれないw

このような場面は他にも・・・

Image2.jpg

パトカーのナンバー。これもすべてのパトカーではなく、一部だけがこの表記になっている。

Image3.jpg

4月号に出てきた恐らく自衛隊のジープ。これは文字がまだわかる。恐らく新発田。

Image4.jpg

5月号で散髪に行く途中の看板。何故か真ん中だけ文字化けしている。

Image5.jpg

同じく5月号の散髪屋のメニュー表。2コマ連続で出てきて、同じ場所なのに文字表記が違うため、恐らくこれらの文字は適当であると推測される。

Image6.jpg

7月号、本革のグローブを探しにスポーツ用品店へ行く場面。ポスターの中の文字は多分書き込もうと思えば書けるはずなのに文字化けしている。


どのような意図があるかわからないが、解読できないかなあ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

きららだべりは好きです。 [リメインズ・JC]

http://togetter.com/li/825613

というわけで、リメインズ・JCの話題に混ざってきたのを適当にまとめました。

個人的には銃器がらみの話は全然わからないのでためになります。あと作中には戦車が登場したり、実は北海道の自衛隊ジープがあったりと、大災害時の様子を垣間見ることができます。全く作中で説明はありませんがw


そんなリメインズ・JCですが、現在ミラクで単行本1巻発売後に2回もすでにカラーページ掲載があり、アニメ化勢の次に位置しているという人気っぷり。できるなら4人を最後まで見守りたいものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

成長 [きらら系・雑記]

今日発売のぱれっとで、たらちねパラドクスが最終回を迎えました。予想外なところも無く綺麗に終わっている最終回で、この後発売になる2巻描きおろしで、あかし(あるいはすだち)の後日談が載れば完璧に想定の範囲内です。

このたらちねですが、今回一番はじめに感じたものは「あかしの成長」でした。

Image1.jpg

これが第一話。

Image2.jpg

これが最終話。どう見てもでかい。

たらちねパラドクスとは、あかしの腹が洋梨のように成長する話かと思いきや、あかしの胸がメロンのように成長する話を2年かけて描いた作品であると言っても過言ではなかろう。

#すだちお母さんは全く成長していないというのに。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

 [しゅばりえーる]

Image1.jpg

しゅばりえーる序盤のこのシーン。貴族の服がべらぼうに高いというやつなのだが、このへんは様々なRPG(TRPG)で統一されている。

http://www29.atwiki.jp/prdj/pages/432.html

私がよく参照にしているPathfinderでの費用だが、貴族の服が75gpに対して食費が良好で5sp/day ということは6ヶ月分だとこれの180倍で90gpとなり、まあ大体一致する。

他のRPGでも大体こんな感じで、実際には貴族社会で目にかけてもらうためには宝石などでデコる費用が更にかかる。まあセリーゼの服は騎士学校用のものだし、別に質素でも構わない。

なお、このお金がセリーゼいわく田舎の貧乏貴族のどこから湧いて出たのかはなんとなく想像できる。ヒントはセリーゼがそもそもサリアに来た理由と、セリーゼの家には姉が居ること。


作者のだいせ氏が何を参考文献にしているのかは分からないが、概ね合っていることには非常に好感が持てる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。