So-net無料ブログ作成
検索選択
しょーがくせいのあたまのなか等の話題 時々きらら系
--関連リンク-----
公式サイト『183.5』
--発売予定-----
千本桜1巻 3/26
Miku-Pack 千本桜6話 3月中旬
しょーがくせいのあたまのなか 7月号から復帰?

ラミネート加工 [きらら系・雑記]

1ヶ月ほど前にきららMAXで当選したカレンダーが届きました。きららにしては遅いな?とは思っていたのですが、届いたブツをみてちょっと納得。

Dsc_0026.jpg

B2ポスターのカレンダーですが、全体にラミネート加工しています。カレンダーにラミネート加工していると、水性ペンでいろいろ書き込みしても消せるので、結構実用的に使えるんだよなあこれ。足が非常に眩しい。

◯本は近いうちに全部読みなおそうと思います。

#2/27に買ったものは以下のとおり。次はハートオブザガールか。単行本で読んだらだいたい内容が把握できて、そして謎が増えた。

・やさしい新説死霊術
・ハートオブザガール
・しゅばりえーる2
・彼氏ってどこにいったら買えますの?4
・GA7

やる気は十分 [きらら系・雑記]

昨日はいろいろ同時に発売していたので、順次ネタにしていく予定。まずはキューンの「友達つくってから死ぬべきです」から。

あんねこ氏の4コマはきららで連載していた頃から追っかけているのだが、一つの特徴として「物理的なツッコミが入る」というのがある。小学生の女の子が友達の顔面をグーパンチというのは日常茶飯事だ。

しかし今回はまだそれがない。温存しているのか、それとも方針を変更しているのか。まあ今回のやりとりを見ると、いつか死神にストレートパンチが飛ぶとは思う。

Image00.jpg

今回一番気になったのはここ。大抵の死神が出てくる漫画は対象相手に実際に手をかけることは無い(途中でやめる)のだが、こいつはほんとに毒を盛るw あとから睡眠薬であることが分かるのだが、つまり盛っている時には毒薬のつもりだったわけで。

3話でほんとにさくっと殺ってしまわないか、今からわくわくものです。まあ、さすがに萌え雑誌でソレはないとは思いますが。

6巻修正 [城下町のダンデライオン]

Dsc_0024.jpg

昨日ダンデライオンの円盤6巻が出たのでさっそく差分チェック。

11話

特に無し。

12話

開幕の会長妄想で、予想通りぱんつ丸出しになっている。

不時着した飛空船の作画が若干改善されている。

Dsc_0025.jpg

エンディングが変わっている。

・・・最後が不意打ちでした。ここ以外にも変わっている箇所があるのですが、ここが一番印象深い。12話の最終演説の後だからこそ、この表情に意味がある。

これでダンデアニメを追いかけるのは最後になりますが、原作は当然まだ続いているので、これからもネタにしていこうと思います。

#特典はさーちらいと(さっちゃんver.)でしたが、やっと歌ってる歌詞が聞き取れました。らいとver.は何を歌っているのか(ZAP

初見きがつかなかった [きらら系・雑記]

Image1.jpg

あまりにも堂々としすぎていて、普段なら速攻気がつくはずのミスに気がつけなかった自分に反省。センターカラーのごちうさでもやらかすんだなあと。

#ちなみによくある誤字です
タグ:WANTEAD

こだわり [絵とか]

akaneminisuka.jpg

なぜ茜がスカートにこだわるのか。作中ではそのヒントになるものは無い。

ブレイクアウト時にパンツだと粉々になってしまう可能性があるから、というのもあるが、それなら短パンなりスパッツなり穿けばいいよなあ。

読む [きらら系・雑記]

https://twitter.com/tonarinohey/status/702114647332229121

某たらちねパラドクスの中の人のついーとで、ふと気になったものを一つ。

徹底的に読みこんだ4コマに相当するものが自分の中では何にあたるだろうかと挙げていくと

・かなめも

 一応自身を持って誰よりも読み込んでいると言える作品。台詞や流れを暗記するのは当然として、その台詞から作中の世界観や登場人物の裏事情を類推するなども7年かけて行ってきた。100%とはいえないが、多分9割くらいは作品のことを理解しているつもり。

・リメインズJC

 ミラクで2巻分という短い期間だが、それなりに真摯に作中の設定を考えていた作品。結局未だに最終話の謎、世界観の謎に対して納得の行く推測はできていないが、しょーがくせいのあたまのなか休載中にそれなりに深く掘り下げることができたと思える。

・城下町のダンデライオン

 アニメ化を発端にリメインズJCと同じく掘り下げて読んでいった4コマ。しかし伏せられている情報はそこまで多くはないはずで、比較的早期にいろいろ謎は解決したが、まだ連載中なのでこれからも読み込む場面は多いと思われる。

・しゅばりえーる

 フランスとイギリスの百年戦争というメジャーな話題を取り上げつつ、舞台は南フランスというマイナーな所で、時代考証とかが案外しっかりしている稀有な作品。


他にもまだあると思われるが、とりあえず思いついたのはこの4つ。まだまだ精進すべき。

#たらちねパラドクス自体は、残念ながらここまでは読み込んでいない。セリフ回しとか作中の小道具のネタとかは大体わかったのだが、そこからの作中の設定に対する仮説までは立てられていない。

最適解 [きらら系・雑記]

Image1.jpg

今月ぱれっとの再生学校も文句なしの面白さだったのだが、この質問に対する答えを、メルっちは深読みしすぎている気がしてならない。

「~ありますか?」という質問なのだから「はい/いいえ」で答えるだけでよく、別に部位を答える必要性は全く無いw 前の質問3つがいずれもイエス・ノーも質問ではなかったので、そこで引っかかってしまったのだろう。

しかしこれまで登場したアイテム、呪いの品かと思えるくらいにアレなものしか無いな。

5話分? [アンソロ・同人雑記]

http://www.amazon.co.jp/dp/4048657690

amazonの方では、もう千本桜1巻の情報がある程度出ています。

重要なのはページ数。162ページということは、これまでの話数を考えると5話は最低でも必要になるし、2~4話はページ数が少なめなので5話+描きおろしが若干必要になる。

3月発売のみくぱっくでやっと5話到達なので、最新話までが収まった形での単行本発売となりそうな気がする。となると、原稿+単行本作業で、たしかにしょーがくせいのあたまのなかを再開している暇はなさそう。やはり7月号から復帰かあ。

小説の方は5巻で完結しているらしく、flyableheartの時のように、ちゃんとラストまでコミカライズできるかどうかは気になりますが、出来る限り追いかけて行こうと思います。まあ、amazonで買えるから比較的どこにいても買い続けることは可能なはず。

復活ののろし [きらら系・雑記]

今月号のMAXでは、ある作者さんの復活がきららーの一部を震撼させていた。

Image1.jpg

ぐーぱん!やこずみっしょんの作者さんが2年ぶりに復活とのこと。最近最終回を迎える連載が多い中で、嬉しいニュースの一つでもある。こうなると、当然ながら相方としてよく名前に挙がる方の復活も、期待している人は多そう。

今の2本柱の体制も嫌いではないのだが、ベテランがまだまだ頑張れるMAXというのも見てみたいところです。

#ということはやっぱしょーがくせいのあたまのなかは7月かあ?
タグ:きららMAX

基本スカート [絵とか]

あかね夏服.jpg

茜は基本スカートだが、家の中の普段着ではパンツの場合もある。アニメのボルシチ回がまさにそれ。

ただ、家の中で見えててもあんまり気にしないような気がしないでもない。兄妹多いし。