So-net無料ブログ作成
検索選択
しょーがくせいのあたまのなか等の話題 時々きらら系
--関連リンク-----
公式サイト『183.5』
--発売予定-----
千本桜1巻 3/26
Miku-Pack 千本桜6話 3月中旬
しょーがくせいのあたまのなか 7月号から復帰?

謎は増えるばかり [きらら系・雑記]

今月のラストピアがかなり後方にあったのと、絵が通常よりも荒れている気がしたのが非常にきになるところである。

・リッタが料理の手順を覚えていて、誰かのために作っていた記憶がなんとなく残っている。

第一話とか二話の回想で、リッタと共に遊んでいるお姉さんぽいキャラがいるのだが、関係があると見てよいのだろうか。ただ、料理をするには年齢低いんだよなあ。

・オーナーさんが(宿の料理ではなく)家庭料理を作っているところで、家族の話をしているときにユーさんが温かい目で見ている。


ユーさんはオーナーさんの親族である可能性が高まった。今のところユーさんが触れることができるのもオーナーさんだけなので、何かしらの関係性があると見て間違いはない。しかしリッタにだけ見えるという謎が残る。つまるところユーさんはリッタとオーナーさん両方に関連があると見るべきか。


気になるところといえば、ユーさんの顔は読者とリッタは知っているものの、他のキャラは誰も知らない。一度人相をリッタがノートに書いたことがあったがリッタの絵心がアレだったために、いまいちマノさんやオーナーさんにはつたわっていない。もしオーナーさんがユーさんの顔を見たら、パンドラの箱を開いてしまう可能性もあるのだろうか。

次は4月 [城下町のダンデライオン]

Image1.jpg

うおおおおおおおおおおおおおおおい、せめて次号で掲載してくれようううううううううううう。

アンジェの次の一手が知りたかったのだが、無念。4月まで待ちます。

#まさか単行本4巻(3月発売)の方を先に読むことになるとは。
タグ:休載 ミラク

4月以降の悩み [その他・雑記]

わけあって4月中旬頃に引っ越しをして、ジャンプの発売日が水曜日になっているような場所で暮らすことになる。通常の生活は正直全然変わらない、というかむしろ暮らしやすくなるのだが、きらら関連となると大きく変化する。

・きらら関連書籍が当日には買えない。
・きららアニメを視聴する手段が大幅に制限される。
・書店特典が一切手に入らない。
・コミケやコミティア参戦がかなり難しくなる。

この中で一番大きく響くのは3番目。次に書店特典を狙う必要が出てくるのは恐らく「YG版千本桜2巻」なのだが、どうしよう。これよりも一番困るのはしょーがくせいのあたまのなか2巻で、1巻のような広範囲に渡った場合、基本収集不可能になる。

1番は、別に最速で読むことにこだわりはないし、2番は好きな作品は円盤買えば良い。4番は、まあコピー本は手に入らずとも、メジャーなものは通販があるだろう。

これの対策を考えねばなるまい。
タグ:きらら

単行本のハードル [きらら系・雑記]

http://seiga.nicovideo.jp/manga/official/kirara

きららベースオリジナルの連載は2つあって、一つは「ウィーンで歌ってみて」で、これは単行本の1巻が出ている。問題は出た後に連載が結構不定期になっていて、今は次回が未定になっていることくらいか。

もう一つは「ゆーま」で、こっちは21話も連載しているにもかかわらずまだ単行本化の目処が経っていない。Web連載だから単行本化のハードルが低くなるかと思いきや、むしろ高くなっている印象すらある。

双方おもしろいので、継続してほしいのですがねえ。そういえばきららベースにはアンケートは存在しないんだろうか。ニコ静のコメント機能ではなくて。

校正 [きらら系・雑記]

ちょっと前についったーの方で校正に関する話がよく流れてきたのですが、そんな中きららの校正は良いという話を見た後に

Image1.jpg

こういうのを見るとうーん、と唸ってしまうなど。誤字があるのですが、どこにあるのか見つけてみましょう。

#あえて誤字のまま載っけているという可能性もあるのですが。
タグ:きらら 誤字

電子書籍版しょーがくせい [しょーがくせいのあたまのなか]

https://www.amazon.co.jp/dp/B01MZ2BFDG/

が発売中です。何か特典が付いてきた気もしますが、紙で全部買っている人にはあまり影響はない。

できることなら電子書籍でも買っておきたいのだが、まずkindleがないのと、次に電子書籍は解像度がそんなによくないのと、最後にカバー裏などが省略されることがあるらしいというのが、買い控えている理由になる。

電子書籍には電子書籍にしかできないギミックとかあるはずなので、そういうのを活かした単行本化とかはできないのだろうか、とぼーっと考えることもあるが、いまいちおもいつかない。

アニメ化後の作品 [きらら系・雑記]

Image1.jpg

きらら本誌の予告で、幸腹の作者さんの続編が次回から連載とのこと。フォワードに行く人は多いのですが、同じ4コマベースの本誌を選んだ理由は何かあるのか気になります。

ところでこの連載ですが、覚えている限りでは「アニメ化作品連載終了後のきらら系列連載」としては2作目になります。1作目は当然かなめも→しょーがくせいのあたまのなか。(ハナヤマタはアニメ後におちタルが連載になっていますが、ハナヤマタがまだ終了していないので除外。)

しょーがくせいのあたまのなかは、かなめも終了後の連載開始までが長く、また1年位の休載があったにもかかわらず1巻が出て2巻に続きそうなのですが、こっちはどうなるのは。まずは1巻出て欲しいところですし、アンケで応援せねば。
タグ:きらら

中学受験の参考書 [きらら系・雑記]

今月のきらきら☆スタディーは、委員長シリアス回と思いきや暴露回だったのですが、受験ネタもちゃんとあったので回収。

Image1.jpg

ロリ委員長の持っている参考書は恐らく「わかる・できる」シリーズの国語。中学受験では定番のものである。足元にある「変幻自在」は、元ネタは「自由自在」。

http://www.zoshindo.co.jp/junior/373/

かなり分厚い参考書で昔から有名なシリーズ。難関校でも十分に対応が出来る。

ちゃんと受験ネタ調べているなあ、やはりきらスタは推せる。

幸運の女神 [きらら系・雑記]

きらスタはいいんちょがアレなことになっているので次回。

Image1.jpg

万年さんがかわいいのは普遍の真理なのだが、シャツに書いている英文が

"opportunity only knocks once"

というもの。『幸運の女神には前髪しかない』という諺で、うかうかしているとチャンスを逃すぞ、という意味。万年さんの辿ってきた道を考えると、自戒を込めているのだろうか。(万年さんは学年主席だったレベルなので、間違いなくこの英文の意味は知っている)

スロスタのテーマの一つのような気もする、結構意味深い諺のような気もする。なにより、浪人時期の様子を語ってるのは実は初かも。

しょーがくせい特典なんば [しょーがくせいのあたまのなか]

関西方面で唯一手に入れる必要があったわんだーらんどなんばの特典を譲ってもらったので。

なんばということで大阪ネタの4コマだが、オチにいちこダディが出てきている。これ、単行本しか読んでいない人には、一体何のことだか解らないよなあw

個人的にはイラストカードよりも、4コマが載っているペーパーの方が重要度は高い。

わんだーらんどなんば.jpg

#某ダンスのみゆがかわいい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。