So-net無料ブログ作成
検索選択
しょーがくせいのあたまのなか等の話題 時々きらら系
--関連リンク-----
公式サイト『183.5』
--発売予定-----
千本桜1巻 3/26
Miku-Pack 千本桜6話 3月中旬
しょーがくせいのあたまのなか 7月号から復帰?
2017年03月| 2017年04月 |- ブログトップ
前の10件 | -

モニターがご臨終 [その他・雑記]

今日のネタを書いたら箱詰めしてしまおうと思っていたPCの、モニターが昨日の午前中におなくなりになりました。

10年くらい使っていた、かなり初期の19001200の26インチモニターで、廃人MMORPGerだった頃からの愛用でした。まあ、寿命でしょう。

おかげで、スマホからかなり不便な更新になりましたとさ。


タグ:モニター
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ワールドワイド [flower*flower・考察]

Image1.jpg

今日は凄い所からの来訪が、アンドラって某水曜のヨーロッパ制覇再放送で名前を久しぶりに聞いたくらいだぞ・・・

ちなみに参照にしているのはflower*flower。海外の百合フォーラムからたまにここの記事に飛んでくることがあり、以前公式と勘違いされたこともある。あの小さな国で百合姫を、flower*flowerを知っている外国人が一人でも居るかと思うと胸が熱い。いいぞもっと流行れ。

一迅社爆発しないかなー
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

どちらが上か [きらら系・雑記]

今月の某きらりブックスで、MAXとキャラットの比較があった。実際の雑誌とは当然関係ないはずなのだが、実際の雑誌を使って真偽を確認してみたい。


・ロリが多いMAX

ロリの定義にもよると思うのだが、個人的には「中学生以下がメインキャラ」というのを推したい。MAXは4作品、caratも4作品。そこまでMAXが炉に寄っているわけでは無いと思う。ただ、看板作品の見た目を考えると、たしかにMAXの方が。

・キャラットはMAXよりも先輩
・独立創刊はMAXの方が早い

キャラットは2003年1月18日の創刊で、独立は2005年9月28日独立
MAXは2004年5月24日の創刊で、独立は2004年9月29日独立

というわけで、これは正しい。


恐らく、それなりに(Wikiとかで)調べてるんだろうなあ、作者さん。
タグ:きらり
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

二十本桜 [アンソロ・同人雑記]

YGに移ってきて多分10話目。大体14~30ページ/話くらいのペースなので、もうそろそろ単行本が見えてくる頃。区切りの良いところを考えると、このサーカスの話が終わった辺りだろうか。コミカライズだから単行本が出ない、ということは多分無いと思いたい。

よりによって子供3人をフラグ感満載のサーカスに向かわせるのか、と思ってしまうのだが、それは話の都合上仕方がないw 恐らく原作通りなのだろう。異変に気がついているであろう海斗や、なぜか現場に居合わせる流歌に救出を期待したい。

前々回くらいで双子が見た夢と恐らく直結している場面で、以前は未來が覚えていて錬が忘れていた獅子を、錬が思い出したりするなど。この辺の説明が足りない気がするのだが、恐らく次回辺りでちゃんと明らかになるのだろうか。あるいは尺の関係で原作から説明を省いている可能性もある。

#しかし、今の作風だとヤンガンではOKでも明らかにみくぱっくではNGな気がするのだが、あっちでの連載がまだ続いていた場合は、もうちょっとマイルドな表現になっていたのだろうか。それとも、廃刊の前段階でYGに移籍することが決まっていたのか。

##はじめのあらすじが文章から4コマに変わって、ものすごくわかりやすくなった。この辺、4コマ漫画家さんとしてのキャリアが活きてるなあ。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

一言も言っていない [しょーがくせいのあたまのなか]

今回のしょたなかはいつもよりも内容が抽象的なため、何度か読み直しているのだが、昨日と較べて気がついた点が一つ。

作中に出てくる猫っぽいものだが、誰も「猫」とは呼んでいない。

いちこやダディではなく、第三者からこの猫がどう呼ばれるのかが分かればよかったのだが、それが無いために、そもそもこの猫が存在しているかどうかすら怪しい。

やっぱ石見先生の4コマは、日常ものの皮を被ったファンタジーだよなあ。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

SGS23 [しょーがくせいのあたまのなか]

いちこのおとな回


今回はいちこが風邪でお休みする、という冗談をふたばが言う回。速攻で冗談だと返すみゆも相当アレだと思うのだが。たまにみゆは毒舌になる。


・春の魔力

作中の日付が全く分かっていないが、桜が満開なので、3月下旬~4月上旬だろう。今回のあらすじにも「小学4年生」と書いているので、恐らくこれまで通りサザエさん時空で行くと思われる。

みゆは若い内に花粉症になって、難儀なことで・・・恋と勘違いしているうちが華と思うべきか。


・彼女の世界

というわけで、今回はいちこメインという非常にアレな回。ここまでだと学校での言動と大差ないのだが・・・まあ猫と張り合ってても「いちこだし」でカタがつくと思われる。


・だもの

猫が喋りだしましたよ? いちこの運動能力に関しては、雪合戦の回で保証済みなので、別に屋根の上にジャンプできても全く不思議ではない。


・そんなこと言われても

ナチュラルに猫と会話出来ているが、ここまではまだ「いちこの妄想」で片付けることが出来る。しかし石見先生漫画の猫というのは基本的に人間と喋るものなので、全く油断ならない。(スズナリ!だとそもそも鈴が猫だし、かなめもではユメが猫と喋ることができる上に5巻では謎の猫又が居る)


・春の陽気酔い

いちこは確かに二足歩行の人間の見た目をしているのだが、あのタコが親父さんだからなあ・・・嗅覚が優れているのは、これまででも出てきた設定のような気がする。


・ふたばちゃんもちょっと浮かれてます

ここのいちこの扱いがなにげにひどいのだが、まあ友達だから許されるdisっぷりだろうかw いちこが休むのは、やはりそれなりに珍しいらしい。


・ダディアイは千里眼

冗談でもなんでもなくダディは宇宙から千里眼を使える。衛星の映像でも見ることができるのだろうかw ナチュラルに潔美先生はダディとお話をしているのだが、声だけ知っているのか、それとも姿形も知っているのかは興味がある。まあ、この世界はダディが居ても特に気にされない世界であることは、雪合戦の回で分かってはいるのだが。


・INTじゃなく?

この漫画でINTという言葉が出てくるとは思わなかったw ちなみにINTとは"Intelligence"の略字で、「知性」という意味がある。よくRPGの能力値に使われて、一言で言うと「頭の良さ」を示すものだったりするのだが。

いちこも年を経るとダディみたいに特殊能力を覚えるのだろうか。まあ今の段階で肉体的には十分特殊なのだが。


・二足じゃないよ!

いちこだと、まあ4足歩行くらいは出来るよなあw

ここで重要なのは、いちこは単に動物のように「物理的に」嗅覚が鋭いのではなく、「大事なものの匂い」のようなものを嗅ぎ分けられるということ。これ完全に超常能力だよなあ・・・


・大事な帽子

かつらじゃないよ、帽子だよ。

ではなく、普通に考えると嗅覚では解決不可能なものを嗅ぎ分けている。ほんとにいちこの人外っぷりがよく分かるのだが、本人は全くそれを気にしていない&学校の面子もそれを邪険にすることはないところが良い。


・事情は聞かない

恐らく別れた彼氏の指輪を捨てて、それをいちこに拾われたのだろう。いちことしては、猫のために大事な物捜しをしている最中なので、特にお姉さんの事情には興味が無かった可能性が高いのだが、事情を察して聞いていないのならば、3人組の中ではいちばんの大人だなあ。


・疑問点多数

いちこは純粋に猫のため「だけ」に重要なもの捜しをしているのだろう。それがいちこらしいのだが、疑問点はそこじゃない。なぜ飛べるw


・黄昏の時間

いつまでも戻ってこないので、ダディがいちこを回収へ。

これ、次の話も考慮するに、老人猫が捜していた重要なものって「死に場所」ということなんだろうか。


・穴

最近のしょーがくせいのあたまのなかにしては珍しくぼかしている話&いちこ成長のお話。やはり石見漫画の猫は油断してるとすぐこうなる。


・ずっといっしょ

花粉しょう君は、春頃になると空気中に偏在するからなあw しかし症状的にどう見ても花粉症なので、みゆはこれから春になるたびに花粉症設定が付くことに・・・



今回のいちこ後半の話は恐らく元ネタが何かしらある気がするのだが、それが解らない。何か手がかりが見つかったらおいおい更新していこう。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

Σ [きらら系・雑記]

ミラクのロイヤルニートで数列の話が出てきたのでネタにする。

Dsc_0031.jpg

ここで板書されている数列の問題だが、結論から言うと間違っていると思われる。

一行目には文字k, n, i の3つが見える(iはaの添字)が、二行目以降にiが存在しないため、恐らくΣの下は"i=1"辺りが省略あるいは消去されている。(本当は無いと、何について和を取るのかがわからなくなる)

ただ、このΣの計算をそのままやると、Σ(1/ai)の計算がある。逆数の和を取っているので、anが特殊な形をしていないと計算不可能だが、仮に計算が可能な形だったとしても、最終行で分母にa(n+3)の形があるのが不明。更に、よく見てみると「・・・2+1)」となっているため、Σの展開をここでやっていることになる。

#なお、ロイヤルニートは全然受験の話ではないので、この板書は別にこれでよい。むしろ詳しく書きすぎている感がある。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

良いタイミング [その他・雑記]

4/27から鹿児島の方に引っ越すわけだが

Image1.jpg

http://www.mbc.co.jp/tv/

なんと、その翌日から、某じゃぱりぱーが鹿児島で放送されるらしいw いわゆる深夜アニメがほぼ放送されない地域で、これは非常に珍しいことである。

鹿児島には去年まで「ひょうたん書店」というアニメ専門店があり、そこがスポンサーでかつては「かなめも」が鹿児島で放送されたことがある。今回はそのスポンサーも居ないわけだが、どの団体が金曜深夜という非常に視聴しやすい所で放送してくれるのだろうか。CMが楽しみである。

#ちなみにきららアニメはかなめも以外放送したことはないはずであるw
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

療養所 [きらら系・雑記]

毎回少しずつ謎が解決して増えていくラストピア。今回は「ラスト」の部分がちょっとわかったような気もする回。

かなり序盤にエオニオ島に「オカルト取材」ということで来た記者さんが、今度は先輩を連れて「観光取材」ということで再来訪。島の外では、やはりエオニオ島はドマイナーな島であることは変わりないのだが、新たに「島外からの評判」が分かるところがあった。それは

Dsc_0030.jpg

どうやら、結構昔(ミレさんが島に来る前)には、療養所として人気だったということ。ミレも元々は相棒の療養の地(かつ最期の地)としてエオニオを選んでいるので、恐らく確かな情報だろう。また、作中でも先輩が「死に場所として選ばれるのは、決して悪い意味だけではなく、人生の締めくくりに選ばれる素晴らしい場所」と言っている。ラストピアの「ラスト」は、少なくとも今段階ではそういうニュアンスもあるのではないだろうか。

#しっかし、事情を全く分かっていないとはいえ、よりによってミレさんにその質問をするのか。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

再来月になるか [きらら系・雑記]

http://www.dokidokivisual.com/magazine/miracle/

ここでは書かれていませんが

Dsc_0029.jpg

ダンデは休載ですうぼあああああああああああああ

ダンデが休載後に翌月掲載したことはほぼ無かったはずなので、再来月(つまり4巻発売後)になる可能性があります。産休等で1年ほど休まれた石見先生のように、一度休載期間を設けたほうがよいのでは、と思えるレベル。

#しかしきららWebに休載が載らなくなってるのか。しましまも載ってないですし。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | -
2017年03月|2017年04月 |- ブログトップ