So-net無料ブログ作成
検索選択
しょーがくせいのあたまのなか等の話題 時々きらら系
--関連リンク-----
公式サイト『183.5』
--発売予定-----
千本桜1巻 3/26
Miku-Pack 千本桜6話 3月中旬
しょーがくせいのあたまのなか 7月号から復帰?
かなめも・小ネタ集 ブログトップ
前の10件 | -

多分ホンモノ [かなめも・小ネタ集]

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n191906279

久しぶりにかなめもサイン本がヤフオクに流れてきたのだが、多分ホンモノである。

かなめも5巻の発売日は2012年の12月27日で、MAXでは2013年2月号でプレゼントになっている。プレゼントとして届くのは2013年の1月なので、この表記であっている。(もし冬コミで描いてもらったサインなら、2012年12月になっているはず)

あと、この人のヤフオクでの登録都道府県が、MAX2013年3月の当選者にちゃんとあったので、そこそこ信頼が置ける。

1000円だと正直お買い得なんだけどねえ、基本こういうのは当てるor即売会で描いていただくものでしょ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

A重要 [かなめも・小ネタ集]

amazonの方でかなめもの配信が始まったことと、最近は常にきららアニメが放送されている(今期はNG)ことから、恐らく

きららアニメ観る → 
はまった人が他のきららアニメを観る → 
できれば無料でまずは観たい →
amazonとかgyaoとかで探す →
かなめもにたどり着く →
原作まで買う

という流れができつつあるような気がする。実際この流れが可視化されたものを先日見てきた。

きららーならほぼ全員知っているであるアイドマの法則(アイサスの法則でも可)の、Aって重要だなあと思う今日このごろ。まずは気づかれないとね。
タグ:かなめも
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

新刊情報 [かなめも・小ネタ集]

https://www.amazon.co.jp/dp/B01HRLVDTG

今日はかなめも6巻kindle版の発売日です。これでやっと電子書籍版で全巻揃ったことになります。このタイミングでしょーがくせいのあたまのなかが出ていれば、もうちょっと目につく形で紹介されたのかもしれませんが・・・無念。


https://www.amazon.co.jp/dp/4048922467/

それとは別に、ComicWalkerの方で今は連載している千本桜の2巻が8月にでるようです。・・・あれ、そんなにストックあったっけ。

先月号が第8話で24ページ分。みくぱっく掲載時は32ページで隔月だったので、確かにペースは上がっているのですが、それにしてもこのページ数だと2巻分のストックが溜まるのには7ヶ月くらいかかると踏んでいたのですが・・・8月掲載の10話まで掲載+増ページ+描きおろしでナントカ届く感じです。

・・・ひょっとして、これでしょーがくせいのあたまのなかの単行本遅れてるのだろうか。
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

3年かかった [かなめも・小ネタ集]

https://www.amazon.co.jp/dp/B01HRLVDTG/

やっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっと、かなめも6巻のkindle版が出るっぽいです。コミックスが出たのが2013年の11月なので、3年弱もkindle化しなかったことになります。(確か電子書籍にはなっていたはず?)

最近はKRコミックスの紙媒体と同時発売するケースも珍しくなく、アニメ化作品に限って言うならば、過去作品まで含めて、かなめも以外は全部kindleで読めたはず。なぜここまで遅れたのだろうか。需要がな(ZAP

とはいえ、自前で電子書籍化してしまっている(7冊買ったうちの1冊)ため、何か特典とかつかないかなー。

#やっぱり需要ないのか・・・?


しょーがくせいのあたまのなか1巻は、早めにkindle化してほしいところです。自分が買うことはないにせよ、宣伝ができるのは大きい。
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

banned in the UK [かなめも・小ネタ集]

一時期機能不全になっていた英語のkanamemoタブで、久しぶりに面白そうなネタが。

https://twitter.com/woxxy/status/743061571212038144

Image1.jpg

あるアニメが思い出せずに困ってる海外の方のヒントがこれ。どう見てもかなめも。しかしそれに行き着かなかった理由が

Image2.jpg

イギリスではかなめもが禁止されているらしい。確かにいろいろアレな要素が満載なのだが、何が拙いのだろう。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

出処はどこだ [かなめも・小ネタ集]

Image1.jpg

昨日は何故かこのように同じキーワードでの検索が多かった。こういう場合は2つの可能性があって

(1) 同一人物が何度も検索している
(2) 複数人が何度も検索している

が大多数。(1)の場合は当然ながら同じIPやブラウザなどからの検索になってわかりやすいのだが、今回はそうではないので恐らく(2)。となるとどこかでネタになった可能性があるのだが、いまいち出処を掴むことはできなかった。

いずれにせよ、かなめもに興味を持ってくれることは非常に嬉しい限りである。よめ。
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

200円の損 [かなめも・小ネタ集]

相も変わらずヤフオクでは「かなめも」のキーワードで定期的に調べている。

http://page14.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s491295512?al=21

2巻の裏表紙の絵柄だが、恐らく読者プレゼントであったものだろう。2巻発売はちょうどアニメの時期とかぶっている。しかしテレカというのが時代を感じさせるのだが、たかだか8年前なんだよなあ。

ちなみにこれ、50度数のテレカが300円なので、明らかに200円の損をしている。ヤフオクにだすくらいなら電話代にでも使ったほうがましな位だ。

せめてファンの元に届いて欲しいということだろうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

9年目 [かなめも・小ネタ集]

Image1.jpg

次のきららMAXでかなめも連載開始から9年になる。結構長かったような。

せっかくなので、しょーがくせいのあたまのなかが再開しなかったら、たまに検索結果で来る「かなめも」「裏設定」を基準に、キャラごとにまとめてみようと思う。きららアニメが結構有名になった今、かなめもまで遡って観る人が、原作まで読んでくれると嬉しい限りである。

代理とかはるはるの裏は結構見えやすいのだが、登場人物の中で一番闇抱えているのはかななんだよなあ。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

違和感を覚えるか否か [かなめも・小ネタ集]

https://twitter.com/lizhomo/status/711229614295748613

海外のかなめもタブに流れてきたこの画像、まあ恐らくただの無断転載なのだが、それはおいておくとして、この状況に違和感を覚えるか否か。

恐らくアニメのみを見た人だと、はるはるが幼女以外に手を出すわけがないと知っているので、激しく違和感を覚えるだろう。

原作も見ている人だと、はるはるの真の相手は幼なじみのしーちゃんなので、相手がしーちゃんならこういうのもアリかと思えるようになる。

数年ほどかなめもタブでかなめもの感想などなどを見てきたけれども、多分はるはる=幼女スキーというイメージが99%くらいを占めてるんじゃないかなーと思った。
タグ:はるはる
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

かなめも警察としては。 [かなめも・小ネタ集]

かなめもタブが最近活発に動いているので何事かと思ったら、どうやら百合ネットワークというタグでかなめもの紹介があったらしい。ただ、流れてくる情報があまりに不的確なので、ここは7年ほどかなめもを読んでいた本領を発揮しようと思う。ただのクソリプ(余計なお世話)とも言う。


https://twitter.com/closed_system5/status/707951196347113473

まず百合姫は月間ではないし、flower*flowerを連載していたのは百合姫Sだし、もう百合姫Sは休刊になっていて一迅社爆発しろオラァ!! 細かい事を言うならば「スズナリ!」が正解。スズナリ!がオススメだというのは、まさにその通りだと思う。

https://twitter.com/yuuKurema/status/707853681853464576

すごくよくわかる。個人的にはこの手の描写でかなめもを超えるものは無い。リメインズ・JCがかなり近かったのだが・・・

https://twitter.com/pre_ster/status/707797038231068672

きららにしては珍しく、社会批判のある漫画でした。専売所に喧嘩打ってる描写も多々。

https://twitter.com/MilLily_stomper/status/707584438310338561

6巻に出てきたストーカーさんは、久地院家で美華の身辺警護をしているお姉さん。かなの前に出てきた理由は、恐らくかなが美華の友人としてふさわしい人間かを見抜くためで、6巻でスーパーの買い物途中に、このお姉さんはかなに美華の質問を投げかけることで、試している。ここでかなが認められたことが、恐らく最終回付近で美華の高校変更につながっている。かなめも裏設定によると、久地院家にはあと2つ大きなトラブルがあるらしいのだが、恐らくひとつは間違いなくこれ絡みだろう。

https://twitter.com/zairic0/status/707582529050517506

これが恐らく紹介文の元記事。

http://togetter.com/li/946831

そしてこれがタグの説明。ルールを見てみると、男絡みがある場合は明記を、と書いているのだが、かなめもには「代理と所長」という最終話付近までもつれる男絡みがあるのは大丈夫なんだろうか。細かい話だが、大塚さんも彼氏持ちで、作中3回ほどネタになっている。更に言うと専売所をハッテン場休憩所に使おうと目論んでいた、薔薇なお兄さんも出てきている。よくあの話掲載OK出たよな・・・
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | - かなめも・小ネタ集 ブログトップ