So-net無料ブログ作成
検索選択
しょーがくせいのあたまのなか等の話題 時々きらら系
--関連リンク-----
公式サイト『183.5』
--発売予定-----
千本桜1巻 3/26
Miku-Pack 千本桜6話 3月中旬
しょーがくせいのあたまのなか 7月号から復帰?
きらら系・雑記 ブログトップ
前の10件 | -

温泉回 [きらら系・雑記]

長期旅行に行ってきた。まだいろいろとアレだが、とりあえずキャラットが入荷したので恋する小惑星のネタ。

今回はテコ入れ温泉回なのだが、恋する小惑星の場合は温泉といえば地質学に直結する話なので、作品のテーマとも合う内容に仕上がっていると期待して、そしてその通りだった。

舞台と予想される静岡県には多数の温泉があるため、正直今回の温泉の特定は難しい。温泉マニアならさくっと場所わかるのだが。

温泉の知識として

・25度以上ならば温泉
・100m掘ると3度水温が上昇する
・日本一の賛成湯のpHは1.2(硫酸並)→ 多分秋田の玉川温泉?

辺りがあって、サービス回と地学ネタを共存させているのが良い。

今後も天文と地質がおんなじくらいのペースで出てきてほしいなあ。

#しかし地下に溜まっている水の説明をさらっと2通り(雨水の浸透+化石海水)できる副部長は、なかなかやるなあ。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

当たりが良い [きらら系・雑記]

ぱれっとの方でも読者プレゼントが当選しているらしい(もう買っていない)

のだが、都道府県名が引越し前のやつになっていて、こっちに本当に届くのかが不明である。

ちなみにミラクのロイヤルニートカレンダーもまだ届いていない。

・・・一度問い合わせた方がいいかのう。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

さらにもう一冊 [きらら系・雑記]

ミラクを通販サイト+書店受取で買っていたら、なんと書店の方でも1冊置いてくれるようになった。この1冊を誰か買って欲しいとは思うのだが、そもそもこれまで(うらら等がアニメ化で頑張ってても)ここでは売れなかったから入荷していなかったんだよなあ・・・


今月のラストピアはついにライアさんご本人の登場。いろいろ判明したことがあって

・ライアはリッタの双子の妹
・ライア曰くリッタはもっと荒っぽいらしい
・ロンネ一家は、病弱のライアの療養のために島に来ていた
・島に滞在中、リッタはライアの看病を第一にしていたが、それ以外はエミさんと遊んでいたらしい
・ライアが無茶をしそうなのを止めようとして、リッタは島の方に再び来たらしい
・ライアにはユーさんが見える&その顔に見覚えがある
・これだけの身内が来たにも関わらず、リッタの性別は不明。なお、水着がライアが「上段で送った」とのこと。ますます不明に。
・マノさんが来た理由はエミさんでさえ覚えていない


恐らく次回は、エミとマノがユーの顔を知ることになり、そこから物語が進展するような気もする。もうちょっとエオニオ島の話は続いてほしいなあ。

#ところでダンデ。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

あまり出ない [きらら系・雑記]

きららが今日本屋に届いたよ?

今月のきら☆スタは6ページと少なめで、あまり受験ネタは出てこない。

桓武天皇・平城天皇・薬子の変あたりは同一時代のものなので、一問一答からの出題のされ方としてはおかしくない。

おとぴょんの買おうとしている漫画は、正直どちらも受験の需要としては低いのだが、源氏物語はセンターでも出たことがあるので、大雑把な話の流れを知るのは良いかもしれない。三国志は・・・まあ受験では出ないよなあ。

ただこの先一問一答だけをやっているだけでは、模試の成績は伸び悩む。これをどのようにごうかくラブで対策していくのかが面白そうなところ。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

一増一減 [きらら系・雑記]

http://www.dokidokivisual.com/magazine/kirara/

まだきららの7月号は届いていない。

今月でサクランボッチが終わるらしく、きららで積極的に読んでいた作品が一つ減った。
ただ、来月からみゃーこせんせいが連載になるらしく、積極的に読む作品が一つ増えそうである。

本誌はきら☆スタとクロが現在読みたい作品のツートップだが、三番手くらいに来てくれるといいなあ。サンタクロースオフは大好きでした。
タグ:きらら
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

発売日まで注文できない [きらら系・雑記]

http://www.honyaclub.com/shop/g/g18646058/

以前ミラクを買う時に利用したhonyaclub、今度は事前に注文することで早く到着させることはできないかと思ったら、どうやら発売日当日までは注文できない仕様の様子(上記URLは無印)

ということは、やはりミラクよりもMAXの方が早く着く可能性が高い。定期購読しか無いかなあ。
タグ:きらら
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ベースの現状 [きらら系・雑記]

なかなかゆーま!の単行本化の話が出ないので、軽くデータを見てみた。6/7の午前0時30分頃のデータである。


ゆるキャン△&へやキャン△
再生(累計): 971809 | コメント(累計): 2988 | お気に入り: 15615

全裸.zip
再生(累計): 3013541 | コメント(累計): 4037 | お気に入り: 25746

ゆーま!
再生(累計): 724478 | コメント(累計): 5806 | お気に入り: 14632

プリフリ番長!
再生(累計): 44076 | コメント(累計): 271 | お気に入り: 3637

ウィーンで歌ってみて
再生(累計): 115554 | コメント(累計): 794 | お気に入り: 6514


閲覧数がダントツなのは全裸。さすが全裸は強い。本能には逆らえないらしい。
コメント数はゆーま!が多い。読者に突っ込ませる形式のネタも多いと思われる。
お気に入りは全裸が一位。全裸には勝てない。

こうして見てみると、きららベースで再生数などのデータで見た時に上位のものは単行本化されていない。まあ単行本化すると全話を掲載するわけにはいかない(ウィーンは単行本化していて、そのため1~4話と最新4話しかない)ので、その影響を考えてなのかもしれない。どうせ単行本買う人は、WEBに全部掲載してても特典ちょろっとあったら買うのになあ。買わない人はなにやっても買わない。


まあ、データ上位のものは、扱っているネタ自体も結構ギリギリアウトなものもあり、ひょっとしたら単行本化できないのかもしれない。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

完璧な夜空 [きらら系・雑記]

今月の恋する小惑星で出てきた「こと座流星群」の追加話。

今年のこと座流星群は4月22日くらいが極大(よく見える)で、その名の通りこと座のヴェガとヘルクレス座の間くらいから見えるやつである。

今回の話のラストでみらとあおが見上げた夜空はこんな感じ。

Dsc_0062.jpg

くっきりとこと座が分かるようになっている。第2話で水星の位置が描写どおりだったのは決して偶然ではなく、やはりちゃんと話の状況にあてはまる空の様子をきちんと描いていることになる。

いやあ、萌え4コマでここまで丁寧なのは久しぶりに見た気がする、あっぱれ。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

きら☆スタ2巻追加 [きらら系・雑記]

こっちはあまり追加情報は無い。

・赤門大学の元ネタが正式に東京大学だと分かった。

露骨過ぎるのでほぼ合っているとは思ったものの、あとがきで正式に言及されたのは大きい。なお、芳文社の近くの、と言っているため、1年・2年が通う駒場の方ではなく、3・4年が通う本郷の方(赤門があるところ)に取材に行っていると思われる。

なお、赤門を目指しているのはまれー&満の二人。委員長とおとぴょんはまだ具体的な大学名は出ていないが、きっと設定はされているのだろう。


・一樹の先輩は稲葉家の親戚なのか。

単行本で一気読みして気がついたのだが、数学研究会の部長で一樹が数学好きになったきっかけとなったキャラの見た目がおとぴょんとよく似ている。

乙十葉が文系志望なのに数学が委員長よりできるほど得意なのは、ひょっとしたら血筋なのかもしれない。兄妹ならば名字とかで既に誰かが気がついていると思うので、親戚なのかもしれない。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

恋する天体望遠鏡 [きらら系・雑記]

先月は地質メインだった恋する小惑星は、今回は天体望遠鏡の回。望遠鏡自体の説明は無いが、恐らく屈折式・正立ファインダー?・自動調節なしという感じである。地球の自転の影響で、高倍率になるほど観測対象が視野からすぐに外れてしまうというところに言及するあたり、実際に作者さんは観測やったことあるのではないかなあ。

天体観測にありがちな流れ星イベントも、具体的にどの流星群が見えたのかを言及しているのもグッド。星座や星の名前が日本語でないのは、何かしらのこだわりを感じる。

話の途中に「小惑星を見つける」というフラグも立てているので、実際に小惑星を見つけるプロセスが作中で語られれば、私的には100点の作品です。きらら的には面白くなさそうな気もしますが、この作者さん、萌えと地学をいい塩梅で混ぜてるんだよなあ。うまい。

ちなみに高校生による小惑星発見は珍しいことではない。

http://www.miz.nao.ac.jp/ishigaki/content/news20160827

石垣島天文台では、毎年夏に行われる研究体験企画で、けっこうな率で発見されている。


ひょっとして、恋する小惑星の最終舞台に、沖縄が選ばれるのかもしれない。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | - きらら系・雑記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。