So-net無料ブログ作成
しょーがくせいのあたまのなか等の話題 時々きらら系
--関連リンク-----
公式サイト『183.5』
--発売予定-----
千本桜1巻 3/26
Miku-Pack 千本桜6話 3月中旬
しょーがくせいのあたまのなか 7月号から復帰?
かなめも・登場人物 ブログトップ
前の10件 | -

サブキャラ:花日のおねえさん [かなめも・登場人物]

名前不明
年齢不明(20台前半?)

『なぜそれを! もしや貴方も・・・』

『私 みかさまの隠したいすっごい秘密知ってるんです お教えしましょうか?』


 かなめも6巻予定(2013年6月号)に登場した、花日新聞の配達員。しかしその正体はかなり謎に包まれている。どうやら、美華の事だけでなく、かなのことや風新専売所の事もずっと監視していた様子。監視している割には、かなにあっさりと見つかっているのだが、わざと見つかった線も考えられる。

 かなの学校に侵入しているにもかかわらず、かな以外に発見されていない事や、かなみかのキャッキャウフフを「民家の屋根から」「全身タイツで」「録画している」という常人とはかけ離れた能力の持ち主。久地院家やばい。

 最終回までに、もう一度くらいは登場しそうな人物。

新キャラ2.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

サブキャラ:東陽介 [かなめも・登場人物]

<イラスト未定>

東陽介(あずま ようすけ?)
恐らく幼稚園児


『こんにちは 姉にお金をせびりに来ました』

『ねーちゃん 僕達の事嫌いになったんだ』


 かなめも6巻予定(2013年3月号)に登場した、ひなたの弟。その存在自体は、3巻の冒頭で言及されていたりする。恐らく文中の会話から、一番下の弟と推測される。正月に帰ってこない姉のひなたを心配して、京都からわざわざ一人でやってきた。

 代理を一発でムカッとさせる、あるいみ代理を上を行くスーパーニヒルな幼児。発言からして、それなりの英才教育を施されている様子。強気に振舞っているものの、メンタルは弱かったりするのを、はるかには見ぬかれていたりする。はるかの意外な一面を引き出す役を買っている。

 他にも上の兄貴が二人、あと姉が一人いるはずなのだが、恐らく最終話まで出てくることはないであろう。全員「太陽」繋がりの名前なんだろうか。
タグ:ひなた
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

名無しさん [かなめも・登場人物]

(台詞ナシ)

ツインテール3.jpg

MAX2010-11月号の扉絵に出てきたついんてーるの女の子。名前はないどころか、台詞もない。ただ単に「ニナとか代理に似てるよなー」と思って紹介しただけ。

しかし要注意点として、この女の子と喋っているのは「男子」である。大塚さん等と同じくノンケの可能性が高い。




・・・はい、ネタです。疲れてます。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

サブキャラ:所長 [かなめも・登場人物]

所長
通称:所長
30代後半?

『サンタでーす』

『君は? やっぱり父親に会いたいと思う?』

所長.jpg

 風新新聞専売所の所長。年に一度くらいしか帰ってこないというひなた情報から、かなはサンタと勘違いしている。代理は所長とは電話で連絡を取っていて、アニメ版では「大好き」だとプロフィールに書かれるくらいに、代理に好かれている。

 かなのことを前から知っている可能性も高いが、まだ推測の域を超えない。

 かなめも単行本表紙の新聞情報によると、元々かなめも連載当初から登場させる予定だった人物なのだが、連載を続けるうちにもう登場する必要が無くなってしまったのと、元々の設定がレアすぎるために出し場に困っていたらしい。しかし、何とか人物関係を修正しながら出すという情報が3巻単行本表紙であったので、その通りになりそうな予感。

 多分、唯一かなめもで今後も出てきそうな男性キャラ。
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

サブキャラ:大塚さん [かなめも・登場人物]

大塚さん
通称:大塚さん
中学2年生

『そう? ありがとー』

「私が男の子なら絶対なのに」


 漫画では2巻55頁に1コマのみ登場のクラスメート。だったのだが、2010-01号で、ついにかな達の会話の加わることになる。かなの事を「中町さん」と呼んでいることから、かた達とそこまで親しくはない。しかし、かなの良いことをしっかり見ている、イイヤツ。誤解を生む発言で、美華にライバル視されてしまう。

 アニメではOPに直・文と一緒に登場。美華と学校で会話を交わしている。

 今後は、かなを少し離れた立場から「クラスメートとして」読者に紹介していく役を担っていくと思われる。

大塚さん.jpg
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

サブキャラ:さっちゃん [かなめも・登場人物]

さっちゃん(名字は三浦)
中学2年生

『新聞配ってくれてるの、かなと久地院さんだったんだねー』

さっちゃん.jpg

4コマ版でもアニメ版でも出てくる、かなの天敵「三浦さん家の番犬」。アニメ第9話で、この家にかながダイエットで着ぐるみを着て配達している所、番犬の「ジョン」に絡まれて、美華を巻き込みつつも、玄関から出てきたクラスメートの「さっちゃん」に助けられる形になる。かなとはお互いに呼び捨ての関係なので、多分お友達の関係。美華とはまあ、知り合ったのがそもそも夏休みの登校日なので「さん付け」で呼ばれても仕方は無い。

かなが着ぐるみを着ている、という奇抜な格好をしているにもかかわらず全く動じない事から、ひょっとしたらかなのことを随分前から知ってる親友なのかもしれない。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

サブキャラ:まりも姉さん [かなめも・登場人物]

まりも
通称:まりも姉さん・まりもちゃん
当時(2008年3月時)20~22歳

『咲妃ちゃ~ん♪ もぅ、心配したよー。』


まりも姉さん.jpg

 代理曰く「風新始まって以来のダメ配達員」
 去年の3月に学校(恐らく短大か大学?)を卒業して故郷の北海道に戻るまで、風新で配達員のアルバイトをしていた。かな以上に配達の際の手際は悪く、遅配は日常茶飯事で、行方不明になることもしばしば。かなと同じく、賄いの仕事もやっていたと推測できる。しかし、所内の誰からも愛される人柄で、特に代理からは、いつも心配され可愛がられていた。
 唯一代理のことを「咲妃ちゃん」と名前で呼び、代理を素直にする「魔法」を使える人物。代理自身、まりもの事は今でも机の上にまりもを飾り、忘れられないで居る。本名が本当に「まりも」かどうかは微妙。ユメも「北海道出身だからまりもちゃん」と呼んでいるので、単なるあだ名なのかもしれない。
 なお、彼女が風新を辞める前は「配達員募集」の張り紙は無い。ダメ配達員と言われながらも、風新にとっては貴重な戦力だったのだろう、様々な面で。
 
 恐らくアニメ代理のカプ本命だが・・・原作で出てくるかは微妙。もし出てくるならば代理まりも&ひなたはるかでカプが決定する。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

サブキャラ:6歳10ヶ月の女の子 [かなめも・登場人物]

(名前はありません)
通称:6歳10ヶ月の女の子

『しんぶんやさんって ちらしいっぱい配ってるんでしょ?』

2009年9月号フォワードの回で登場した女の子。「むしゃのこうじせいたかまるこれきよ」という猫を探すチラシを風新新聞に織り込んで欲しいと依頼しに来たが、代理によって容赦ないお金(げんじつ)を見せつけられてしまう。代理の事を知らないらしく、恐らく代理の小学校の一年生。はるかの嗅覚によって、正確に6歳10ヶ月と見抜かれてしまった。

はるかが「お嬢ちゃん、また2ヶ月後に~」と言っているが、本当に9月発売のきらら系雑誌のどれかに載るのだろうか?あるいは、9月はまだアニメが放送中なので、そっちで現れるか・・・


6歳10ヶ月.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

サブキャラ:しーちゃん [かなめも・登場人物]

しーちゃん
はるかと同級生?

『ふっふっふー。小学生からの腐れ縁に隠し事などムダムダあ!』

 はるかの小学生からの腐れ縁。彼女の発言から、はるかが女子校出身であることや、東京から遠方に実家があることがわかる。はるかが禁酒をして遭わなければならないほど重要な友達。はるか自身、この彼女とは何かしらの深い縁があったようである。多分学生時代に好きになった相手あるいは告白された相手だと思うが。

 正直、大人になったかなにしか見えない。今のかな好きもここが発端か?

しーちゃん.jpg
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

中町かな [かなめも・登場人物]

中町かな(なかまち かな)
通称:かな
中学2年生
誕生日:3月3日
好きなもの:落雁
嫌いなもの:お化け

『違うもーん! 私はるかさんとは違うんだからーっ!!』
『みかちゃんが全裸で踊っちゃいますよー?』
『これでとりあえずふとんはOK』
『はいっ みなさんと出会えて
 本当に運が良かったと思います』



 風新新聞の賄い兼徒歩での配達員にして、この物語の主人公。料理以外はほぼダメという低スペックだが、その性格の良さ・天然さから所内学校双方で皆に(特にはるかには一方的に)愛されている。しかしその温情に頼り切りになろうとはせず、いつか恩返しが出来る日を夢見て生活している。唯一の肉親であるおばあちゃんを事故で亡くし、親戚の引き取り手はなく、すでに実家すらない天涯孤独の身。そんなことは周囲に感じさせない持ち前の前向きさがあるが、まれにそのことで非常に落ち込むことがある。
 学校では美華・文・直の計4人でつるんで動くことが多い。直にからかわれつつ、文になま暖かい目で見守られつつも、仲良くやっている。 
 ひなたと同じく受験を控えているのだが、まれにみる低スペックなため、高校生への道のりは非常に遠い。

 かな自身は必死に否定しているが、既にみかとの百合ルートは約束されたものとなっている。あと、みか限定だがSの気もある。

かな赤面.jpg
タグ: かな
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | - かなめも・登場人物 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。