So-net無料ブログ作成
しょーがくせいのあたまのなか等の話題 時々きらら系
--関連リンク-----
公式サイト『183.5』
--発売予定-----
千本桜1巻 3/26
Miku-Pack 千本桜6話 3月中旬
しょーがくせいのあたまのなか 7月号から復帰?
Suzunari!比較 ブログトップ
前の10件 | -

アフター [Suzunari!比較]

今回のMAXXで久しぶりに登場した高村姉妹なのだが、明確に「スズナリ!」のその後が描かれたのはこれが初だったりする。スズナリ!の最終話の前後は、楓のデレ方とか鈴の様子を見れば一目瞭然。

連載終了後に石見先生によって描かれたスズナリは以下のとおり。

Image1.jpg

四コマ記念祭のやつ。

Image2.jpg

かなめも休載時の夏コミ同人誌。

Image3.jpg

そして今回のMAXX。恐らく石見せんせーの手によるものはこれだけのはず。
(ひょっとしたらイラストのみとかはもっとあるかもしれない)


作者ご本人から、1本とはいえ(そして7年越しでw)アフターストーリーが語られるのは、なんとも嬉しい事だと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

音連 [Suzunari!比較]

P4290022.jpg

ここ数年まったりと探していた、有名なスズナリ!同人誌がやっと入手できましたヽ[・_・]ノthx!!

Image2.jpg

中身はこんな感じのラフ(下書き)状態での短い話なのですが、ちゃんとスズナリ!読んでるなーと思える場面がいくつも詰まっている話です。

・楓は鈴を見た時に、自分の顔なのにときめいた自分にダメ出ししている。
・楓のセリフ回しが、結構原作と似ている。意図的に似せている?
・お赤飯ネタは原作でもあったもの。

Image1.jpg

・これ、原作よりも先に作られている話なのに、(ありがちとはいえ)オチが最終回とまるかぶり。

ただの百合百合でエロいだけの同人誌を想像していたのですが、予想以上にちゃんと原作好きというのが伝わってくるものでした。これは確かに、今でも話に挙がる出来だわ。

願わくば、これの完成版ができることを。


#これでスズナリ!関連も大体揃った感じなのか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

スズナリ!関連のまとめ [Suzunari!比較]

スズナリ!関連本とかのまとめ。

・スズナリ!1巻2巻

Image1.jpg

 当たり前w 石見せんせー初の単行本だったりする。商業誌掲載初だと、アンソロで2002年くらいから参加している。ちょうどナ◯トの同人誌を描いていた頃?
 なお、現存するのは2版まで。初版の帯はそれなりに貴重。2版はかなめもアニメ時に増刷されたっぽく、かなめもアニメの宣伝がある。


・Suzunari! vol.1&2

Image2.jpg

 英語版のスズナリ! YenPressから発行されている。ここはきらら4コマを結構翻訳している。SunshineSketch, KURO Shoulder the Coffin, Ichiroなどなど。頑張って翻訳しているので、英語ちょっと読めるひとは是非。ただこれ多分石見せんせー関わっていない?


・スズナリ!みに

Image3.jpg

 1巻発売記念の販促用小冊子。スズナリ!1話のあとの話や、ゲストとして今のMAXのベテランさん達が参加している。まれにヤフオクやamazonでみかける。


・2巻発売記念ペーパー

Image4.jpg

 4コマが載ってるペーパー。とらのあな用を譲って頂きました。ほかの書店のはあるんだろうか・・・と、古本屋のスズナリ!2巻は毎回手に取っています。(まれにペーパーはさみっぱなしの本があるから)


・4コマ記念祭の寄稿4コマ

Image5.jpg

 たしか2009年?の4コマ記念祭で石見せんせーご本人が描いたスズナリ!4コマが。


・ちょっとだけスズナリ!

Image6.jpg

 2011年の夏コミ(ちょうどかなめも休載時)にて頒布されていたほぼコピー本。12頁中スズナリが10頁でかなめもが2頁。開幕1時間弱で確か売り切れました・・・シーンはアレですが健全な全年齢のやつです。



同人誌はそれなりにある?のですが、少女セクトの作者さんのが有名ですね。
タグ:スズナリ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

スズナリ!比較・その8 [Suzunari!比較]

忘れていたわけではなく、単に「4頁ゲスト」がどの雑誌に載っているのかを探すのに手間取っていました。2巻の巻末見れば一発じゃん・・・orz

Image1.jpg

というわけで2006年本誌10月号にゲストが。carat11月号にもゲストがあり、その理由はこの時期に1巻発売だったから。もう一世代新しくなると、今のきらら作家陣という感じです。

Image2.jpg

そして初単行本記念ということで別誌ながら色紙も。ほんとスズナリ!色紙に恵まれてるなあ。そしてこれはヤフオクで見かけたような?

ちなみに誤植等は無し。

Image3.jpg

ここからまたMAXの方に戻って、2006年8月号。なんときらスタ時代の二地裏があったりする。これを見ると結構昔のMAXなんだなあと思うし、実際7年前。

Image4.jpg

単行本化の話が出始めている時期なのか、色紙も多い。かなめもでもこれくらい出ていれば・・・

誤植等はなしだが、文字のレイアウト変更が多数あったりする。

Image5.jpg

2006年9月号。目次のレイアウトが変わって、やっとゲスト表示が。そして荒木風羽氏とかうおなてれぴん氏のゲストがここから開始。どちらも好きでした。

Image6.jpg

リニューアル号ということで全員分の色紙があったり。当然スズナリ!もあり。

Image7.jpg

この回はカラー回。身体検査や水着回がカラーとは恵まれている。というかかなめもで水着回ってさあry

そしてこの回も誤植なし。ただレイアウト変更はしているので、別にスルーしているわけではない。


・・・あと3回くらいでこのシリーズも終わるのか?
タグ:スズナリ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

スズナリ!比較・その7 [Suzunari!比較]

完全に忘れていましたが、これこの後も多分変化はないんだよなあ・・・

Image1.jpg

5月号の目次はこれ。この辺りになると、自分の知っているきららにかなり近い。

Image2.jpg

この話には珍しく訂正がある。
誤)楓と変わらない → 正)楓とあんまり変わらない

確かに楓と変わらない体型、はありえない。一部分明らかに違うだろうw

Image3.jpg

6月号の目次はこれ。そしてこの号には

Image4.jpg

色紙つき。やっぱスズナリ!の方が色紙多いってw そして2巻に突入して数ヶ月経っているのだが、未だに単行本の告知はない。この頃はやっぱり1巻出る事自体がありがたい事だったんだよなあ。

Image5.jpg

この話の誤植はここ。
誤)~考えなさい → 正)~考えなさいと

まあ、訂正なくても気が付かないレベル。

Image6.jpg

7月号の目次はこんなかんじ。そしてこの号でやっと見つかったのが

Image7.jpg

やっぱりあった、巻末カレンダーのスズナリ!(の一部分)これ結構好きだったのですが、いつの間にか消えましたよね・・・残念。

この話は身体測定+カラーでウッハウハという回ですが、特に誤植はなし。
タグ:スズナリ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

スズナリ!比較・その6 [Suzunari!比較]

今回から2巻に突入する。1回で3ヶ月分やるとやはり早いな・・・

Image1.jpg

2006年2月号の目次はこれ。読みながら作業を進めているのだが「通りすがりのLibreria」って単行本になってないのか・・・

Image2.jpg

この号は色紙がある。ひょっとしてスズナリ!の方がかなめもよりも色紙多いんじゃあ・・・

誤字脱字などは無い。しかし高村夫婦はいいバカップルだなあ。

Image3.jpg

2006年3月の目次はこれ。今はホイップノートの連載をしている未影氏の「イチロー!」はこの号から開始。

Image4.jpg

いま見ても未影氏と分かる絵だよなあ。しかしゲスト開始なのか。

この号の話が2巻の巻頭の話。全く同じ話だがカラー原稿にしているので、描き直した時の影響なのか、微妙に効果音が違ったりする。

Image5.jpg

2006年4月の目次はこれ。この号からきらスタ開始。まだこの頃はきららの雑誌自体を買っていなかった(存在は辛うじて知ってた)ので、実物を見るのは初。

Image6.jpg

この号は色紙がある。スズナリ!色紙って、ヤフオクで2回ほど見ただけなんだよなあ。

Image7.jpg

久しぶりの誤字。誤)止める → 正)留める で、単行本でも修正されている。


この段階で2巻2話分進んでいるんだが、まだ単行本の告知はない。この頃はまだ1巻がそもそも出るかすら疑わしかったんだろうなあ、と推測できる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

スズナリ!比較・その5 [Suzunari!比較]

今回で2006年に突入。といっても恐らく変化なし。

Image1.jpg

2005年11月のもくじ。この頃のMAXは自分の知ってるMAXに近いような気がする。

Image2.jpg

この時期は常に作者さん全員で色紙プレゼントがあった様子。正直言うと、商品よりはこっちの方が嬉しい。

この号も誤植等は一切ない。

Image3.jpg

2005年12月のもくじ。安定期。

Image4.jpg

そして色紙。鈴は事情があって巫女服は多分着ないはずだが、これは正確には多分巫女服じゃないのか。

この号も誤植等は無い。この企画失敗じゃないのか?w

Image5.jpg

ここから2006年。目次が2段カラムとそうでないときの違いはなんだろうか。ひょっとして掲載されている漫画が奇数の時と偶数の時で使い分けているのか?

この号から、作者さん全員での色紙は無くなっているが、その代わりに、目次の左隣りにカレンダーが来るようになった。このカレンダー、なにげに楽しみだったのになあ・・・

Image6.jpg

その代わりにこの号のスズナリ!はカラー回。そして風呂。眼福ヽ[・_・]ノ眼福。

Image7.jpg

この号には誤植がある。この場面だと奇弁ではなくて詭弁と書くべき。ちゃんと単行本では修正されている。


次回で1巻終了。2巻にはたしかゲストでcarat辺りに載ってるやつがあるんだよなあ・・・探すのが大変そうだ。
タグ:スズナリ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

スズナリ!比較・その4 [Suzunari!比較]

大切に扱いたい貴重な資料だが、スキャン時にどうしても折り曲がってしまう。本の非破壊スキャンの開発が望まれる。

Image1.jpg

2005年8月号。この号から目次のレイアウトが変わるのだが・・・今のが一番やっぱ見やすいなあと思う。この布陣の中ではかなり好位置に居ると思う。

Image2.jpg

この号もスズナリ!色紙ががが。ほんと羨ましい・・・

ちなみにこの号も誤植等はない。かなめもと違って、結構訂正がないというのは、やっぱりかなめもは結構台詞とか設定を意識しているのか。

Image3.jpg

2005年9月号。またレイアウトが変わるw いろいろ試行錯誤している時期なのか。スズナリ!の掲載順も結構上。人気がじりじりと上昇しているのか、それとも気まぐれなのか。

Image4.jpg

この号もやっぱり色紙。まあ、この頃はプレゼントにサイン本すら無い時代なので、色紙で稼ぐしか無かったのか・・・しかし鈴率が高いなあ。(どちらかというと楓派)

そしてこの号も誤植なし。かなめもの誤植率を考えると、1巻終わるまでにあと2~3くらいはあってもおかしくないのだが・・・

Image5.jpg

2005年10月のMAX。レイアウトが戻る、いやまてw

Image6.jpg

そしてまたもや色紙。うがー、楓色紙ほしい。

そしてこの号も(略


なんか歴代MAXの目次とスズナリ!色紙の紹介になっている気がしますがキニシナイ。誤植がないのは素晴らしいことです。本当に。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

スズナリ!比較・その3 [Suzunari!比較]

前回から1ヶ月ほど開いた気がするが気のせい。

Image1.jpg

2005年5月号はこんな感じ。真田氏って結構単発とか単行本にならなかったやつ描いてるのか。この号の単発は初めて存在を知りました。しかし、MAX代表する人たちが雑誌の後ろ付近に3人も並んでいるのがなんともw

Image2.jpg

この号にも色紙。昔は色紙率高かったんだなあ。多分雑誌としてまだ出来立てなので、お金のかかるプレゼントが出来なかったから、作者さん達の色紙で頑張っていた・・・のか?スズかわいいよスズ。

この回はフォント変更が一箇所あっただけで、特に誤植等はない。

Image3.jpg

2005年6月号はこんな感じ。ここから天女開始かー。確かに表紙飾っている。

Image4.jpg

この号にも色紙。ちょっとタッチが違う鈴。結構今の描き方に近いと思ったり。

なお、誤植等は一切ない。まあ、そうそうあるはずないよなあヽ[・_・]ノ序盤が異常だっただけで。

Image5.jpg

2005年7月号はこんな感じ。はなまるべんと!がここから開始。3巻出ないかなあ・・・出ないよなあorz

Image6.jpg

この号にも色紙。今このペースで出してくれたら、あと1枚くらい色紙当たりそうな気がする。

そしてこの号にも誤植は一切ない。



色紙ほしいとは思うものの、色紙以上に石見さんの連載が欲しい。今は事実上2つだけ(しかもうちひとつは隔月)だからなあ・・・
タグ:スズナリ!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

スズナリ!比較・その2 [Suzunari!比較]

今回は2005年2月号~4月号まで。

Image1.jpg

2月号はこんな感じの面々。アイオンが好きだったMR+氏の読み切りが中にあるのですが・・・

Image2.jpg

思いっきり新聞配達4コマじゃないですか!!! かなめもが初かと思いきや、既にかなめもの2年前には開拓されていたとは。後から多分ネタにします。

スズナリ!4話の単行本と違うところは・・・

Image3.jpg

この話からどうやらキャラ紹介がついた様子。楓の説明は単行本と同じだが、鈴は違う。

他には台詞の配置が若干違っていたり、ふりがなが振られていたりするだけで基本は同じ。

Image4.jpg

3月号はこんな感じの面々。インプレがインプロに見えるのは気のせいか。色紙プレゼントには

Image6.jpg

こんな感じで鈴が珍しくピンで居る。

スズナリ!5話は恐らく初カラーの回であることは単行本で分かっていたのですが

Image5.jpg

実際にカラーで見ると感動もひとしお。スズナリ!のカラーはかなり貴重だったりします。

ちなみに内容自体は全く同じ。

Image8.jpg

4月号はこんな感じの面々。アイオンスタート?好きだったのに単行本とか出なかったんだよなあ・・・

Image7.jpg

この号も連続して色紙が。やっぱりこの二人はペアが一番自然。そしてこの号には誤植がある。

Image9.jpg

これが雑誌版。

Image10.jpg

これが単行本版。どっちでも会話の流れとしては一応通用するかな?

そして逆に珍しく、単行本にする際に間違えたと思われる所。

Image11.jpg

これが雑誌版。

Image12.jpg

これが単行本版。「の」があったほうが自然だと思うのだが・・・


というわけで、こんな感じです。新聞配達の4コマを見つけたのが驚き。まあ、あるとは思っていたのですが、まさかMAXであるとは思わなかった。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | - Suzunari!比較 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。