So-net無料ブログ作成
しょーがくせいのあたまのなか等の話題 時々きらら系
--関連リンク-----
公式サイト『183.5』
--発売予定-----
千本桜1巻 3/26
Miku-Pack 千本桜6話 3月中旬
しょーがくせいのあたまのなか 7月号から復帰?

2めも・2007-07 [かなめも・各話妄想]

2めも

登場人物の特徴が少しずつ浮き彫りになる回。
かな・・・裕福とは言えない家での暮らしに慣れていて、世間的に辛い状況を辛いと思わない場合がある。1話の『大丈夫 うん 頑張れるから』とも繋がる。『あたたかいのですよ?』
ユメ・・・みんなの、特にかなの幸せを多分一番まじめに考えてる。あそこで自分の布団を差し出すとは、普通言えないよなあ。『みんなで倖せになろーね』
ユーキ・・・この時点では基本ユメと仲の良いクールなツッコミ役。後の回で少しずつ黒さが見えてくる(笑)『因果応報ですね』
ひなた・・・お金にうるさい女の子♪以外に特筆すべき点がない。なので、この時点ではあまり好きなキャラではなかったのだが。『トイチで』
はるか・・・すでに2話から幼女アクセル全開。非常にレアな、かなのパンチラが拝めるのは、実はこのはるかが脱がした回だけ。身体測定の回はチラ、じゃないしなあ・・・『いーわよぉ、お礼なんて』
代理・・・この回はあまり出番無し。『ところで読んだことは?』

○ 部屋の穴

これは、隣の部屋がユメ+ユーキの相部屋だという事だと思うのだが・・・
夜な夜な妖しい物音が聞こえてきて、かなは平気なんだろうか?(性的な意味で)
まあさすがにユメの部屋側から普段は何かしらの蓋をしているとは思う。

○ お古の部屋着

はるかの変態っぷり(ほめ言葉)が目立つ話だが、これ実は『はるかが、かな位の頃の服をきちんと持っていた』事になる。はるかは見ての通りのナイスバディ(笑)なので、かなに合う服って多分結構昔の服。そのころの服を大切に保管しているのには何かしらの理由があるはず。いろいろ考えたけど・・・
(1)好みの幼女が来たら、渡すつもりで大切に保管していた。
(2)かなが来る事が分かってから、古着を(買うなりして)準備した。
(3)はるかはかなり前から新聞配達所に勤めているので、昔の服がまだ残ってた。
はるかの普段の振る舞いを考えると、多分所内での古株なので(3)なのかなと思ったり。

○ みんなで倖せになろーね

多分かなめものメインテーマの一つ。かなに限らず、所内のみんなや、多分読み手に対しても当てはまる。

○ あの日は帰ってこなかった

これが暗示するのは『かなのおばあちゃんは事故死』であること。
かなが目を覚ましたときに、涙の一つくらい浮かべていても良いものだが、ここでも涙を流すことはない。

○ 料理

中学1年生でこれだけの料理が即興で(冷蔵庫の中身を見た後で)出来るのは相当料理が上手。多分二人暮らしの時はかなりの頻度で料理を作っていたと思われる。
この(多分かなが唯一誇れる・笑)スキルのおかげで、この後新聞配達員ではなく料理賄いとして、この所に勤めることになる。

はるか3 のコピー.jpg
タグ: はるか
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。