So-net無料ブログ作成
しょーがくせいのあたまのなか等の話題 時々きらら系
--関連リンク-----
公式サイト『183.5』
--発売予定-----
千本桜1巻 3/26
Miku-Pack 千本桜6話 3月中旬
しょーがくせいのあたまのなか 7月号から復帰?

現実的なライン [かなめも・小ネタ集]

かなが高校に行くためには様々な難関が立ちふさがる。

(1) 学力

 かなの残念な学力では、そもそも選択できる高校自体が少ない。代理は「名前を書けばいける」と言っているが、それができるのは一部の私立高校や通信制・定時制など。都立高校を選択する場合、一番可能性として高い

http://www.minamikatsushika-h.metro.tokyo.jp/cms/html/top/main/index.html

南葛飾高校ですら、競争率が存在する。しかも結構倍率は高い。

http://school.quu.cc/toritsu/minami-katsushika.html

かなの場合、推薦入試は論外。残念ながら通知表の成績がもはやアレ。なので、一般入試になるのだが、平均1.3倍はなかなかきつい。ただ、美華やはるかが全力でサポートすれば、なんとかこの偏差値なら届きそうである。

他にも、葛飾付近ならばかなでも届きそうな高校はいくつかある。

なお、場所的にここだと多分かなは徒歩で通える。原作は御茶ノ水じゃないし。

(2) お金

 当然ながらかなには、お金が足りない。現在は中学校の費用を出しているだけで恐らく精一杯なので、貯金とかもないであろう。これに関しては、日本政策金融公庫等を利用すればなんとかなるし、かなは実はまだ「新聞奨学生」ではない。なので、ちゃんと奨学生として働いていれば、案外お金の面はかな自身でなんとかするかもしれない。

 当然、ほかの解決策としては専売所の面々が「かなが卒業までの間、無利子でお金を貸す」という展開も容易に想像できる。ただ、はるか辺りと養子縁組を(ry


(3) 保護者

 何かと手続きするときには、これがやっぱり大変なのではないだろうか。未だに伏せられている部分ではあるが・・・代理が今のところはなんとかしている感がある。「高校には行ける」と言っているのも代理なので、ひょっとしたら高校に行くときも代理が何とかするかもしれない。



 かなが無理なく専売所付近の都立高校を受験するのは、そう難しくない気もしてきた。3年生の時はかな美華で夜の勉強合宿をしてほしいものです。当然文直の邪魔付きで。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。